ニュース・トピックス

3/9「ぐるーみん」のケアの勉強会と体験会

2018年02月15日 [協会活動

  過去2回、さとう式リンパケアのインストラクター三宮華子さんとそのお仲間をお招きして、施術(ボディケア)の体験会をしました。

 その後、三宮さんは延べ300人の自閉症スペクトラムや他の障害をお持ちの方の施述を繰り返す中で、緊張が強く触れられることに抵抗の強い人がいることから、独自に「ぐるーみん」というメソッドを開発されました。「ぐるーみん」とは何ぞや? の説明を長めに取り、その後体験していただきます。

 今回は親御さん向けで、来年度にお子さんと一緒に参加し、施述を受けた後のお子さんやご自分の変化をフィードバックしていただくことを念頭に置いております。できれば来年度、お子さんと一緒に参加を希望される方にお越しいただけますと、幸いです。もちろん、来年度参加できるかどうか、まだわからないという方でも大丈夫です。なお、施術体験は15分ほどになります。

 ☆三宮華子氏:さとう式のインストラクター。発達障害児のための空手教室も主宰(指導員)。スマホ、タブレットの活用アドバイザーとしても活動されており、練馬区の教育委員会委託講座や区立の高齢者センターでも講師として活動中。

日時:2018年3月9日(金)10:30〜12:30

場所:財団ビル7階 大会議室(豊島区南大塚3-43-11

参加費:東京都自閉症協会 会員無料、その他1000円

持ち物:大きめのタオルやヨガマットなど。床に敷いて、その上で施術します。

定員:15名くらい

 

●申込方法:以下①〜⑤を記載の上、件名「ぐるーみん勉強会申込」としてお申し込みください。  申し込みアドレス:togoiryopro(この後に@autism.jpをつけてください)  FAX:03-6907-3546

①参加の方のお名前(フリガナ) ②ご住所 ③電話orアドレス(当日連絡のつくもの)

④会員orその他 ⑤質問など

●問い合わせ:東京都自閉症協会事務局 03-6907-3531(月火木金、10時〜15時)

統合医療とは、一人ひとりに焦点をあて、近代西洋医学及び伝統医学や相補・代替医療従事者による恊働によって、身体・精神のみならず、人間を包括的に診る全人的な医療です。QOL(生活の質)の向上を目指し、治療だけでなく、疾病の予防や健康増進に寄与することを目的としています。

このワークショップは一般財団法人多田記念財団の助成を受けて開催するものです。

ページトップへ