ニュース・トピックス

9/22 勉強会「摂食・嚥下の困難と支援」のお知らせ

2017年07月27日 [幼児・小中学生部会

『発達障害における摂食・嚥下の困難と支援』

 〜発達支援と口腔リハビリの視点から〜

赤ちゃんの声が苦手でパニックを起こしたり、気になるマークを見つけて急に飛び出してしまうような、「聴覚」や「視覚」のむずかしさはよく知られています。そして実は「食」も、感覚統合につまずきのある子どもたちにとって大きな問題だということをご存知でしょうか。

お子さんが小さいころ偏食で悩まれた、または現在悩まれている親御さんも多くいらっしゃるでしょう。 今回は、「発達障害における食の困難と発達支援」について研究しておられる高橋智先生と田部絢子先生、「摂食・嚥下障害と口腔リハビリテーション」について研究しておられる田村文誉先生に、それぞれの視点から「発達障害における摂食・嚥下の困難と支援」についてお話しいただきます。

【日時】平成29年9月22日(金)10:15~11:50(開場10:00)

【場所】日本歯科大学口腔リハビリテーション 

        多摩クリニック カンファレンスルーム

http://dent-hosp.ndu.ac.jp/nduhosp/tama-clinic/access/index.html

※公共の交通機関をご利用ください。駐車場はありません。

※クリニックへの直接のお問い合わせはご遠慮ください。 

【講師】

高橋智先生(東京学芸大学総合教育科学系教授/日本特別ニーズ教育学会代表理事)

田部絢子先生(大阪体育大学 教育学部准教授)

田村文誉先生(日本歯科大学教授/口腔リハビリテーション多摩クリニック 口腔リハビリテーション科科長)

【共催】NPO法人しょーとてんぱー

【定員】40名  【参加費】会員:500円 / その他: 1,000円

*申し込み方法

下記①〜⑦を明記の上、件名「9月勉強会」とし、yosyocyubukai(この後に@autism.jpをつけてください)までお申し込みください。

締め切り:9月15日(金) 但し定員に達し次第締め切ります。

①参加者名 ②電話番号 ③FAX番号 ④Eメールアドレス 

⑤東京都自閉症協会会員/その他 ⑥お子様の年齢、性別 ⑦質問

●パソコンからのメールを受信拒否にしている場合、受付メールが届かない場合があります。

 

ページトップへ