参加・支援する

入会Q&A

Q.子どもは、「自閉症」という診断を受けてはいないのですが、入会できますか?

A.はい。お子さんの診断名が、広汎性発達障害でも、ADHDでも、LDでも、ダウン症でも、脳性麻痺でも、特に診断名などついてなくても、この会に賛同してくださるかたは、どなたでも入会することができます。

Q.自閉症児の親ではなく、自閉症当事者なのですが、入会できますか?

A.はい。もちろんできます。
東京都自閉症協会には、自閉症本人も参加する高機能自閉症・アスペルガー部会があります。
詳細につきましては、直接、高機能自閉症・アスペルガー部会(Email: aspe ※このあとに@autism.jpをつけてください)にお問い合わせください。

Q.東京在住ではないのですが、入会できますか?

A.はい、できます。なお、東京都自閉症協会は全国組織である(社)日本自閉症協会の加盟団体の一つです。全国46都道府県の全てに同様の加盟団体がありますので、お住まいの地域の団体へも、問い合わせをしてみてください。
すでにお住まいの地域の自閉症協会に入会されているかたで、当会への入会を希望される方の入会も受け付けております。どこの協会に入会されているかを、入会申し込み書に、一言お書きください。詳しくは、直接お問い合わせください。

Q.会費の支払いは、2年目以降も、振込みではいけませんか?

A.申し訳ありません。どうしても振込みが難しい理由がある方以外は、
全て、自動振替での会費納入をお願いしております。事務手続きの簡略化のために、どうかご協力くださいませ。

Q.東京都自閉症協会に、入会してお得なことって何ですか?

A.入会すると、奇数月に(社)日本自閉症協会が発行する会報『いとしご』が送られてきます。また年に1回指導誌『かがやき』がお手元に届きます。
東京都自閉症協会からは、年6回、広報紙『プリズム』が届きます。
(社)日本自閉症協会相談事業(専門相談員による電話相談、面接相談)が、無料で受けられます。
東京都自閉症協会が主催するさまざまな活動への参加ができます。
(社)日本自閉症協会・東京都自閉症協会主催の講演会等に、非会員よりも安価に参加することができます。
自閉症スペクトラム障害児者のための独自の総合保障である通称ASJ共済保険(日本自閉症協会の共済事業+AIUの普通傷害保険)に加入できます。 

療育、教育、医療、福祉サービス、就労などについて、実際の各地域の生の情報を得やすいことや、困ったときや苦情などを伝えたいときに助言を得やすいこと、会員相互の経験交流から自分のところにマッチした知恵や情報を得やすいことです。
また、大災害時などでは、周囲に理解されにくいことや、見守りなどが必要なために親の行動が制限されるなど、特別な困難に遭遇しますが、この障害を理解した他地域の人たちによる支援を受けやすくなります。
そして何よりも一番大きなメリットは・・・
自閉症スペクトラム障害について、各人・各家庭での困りをもとに、行政など関係機関に伝え、必要な施策を進めることではないでしょうか。

活動に直接関わってくださる会員さんが増えれば、それだけでも啓発活動、要請活動をするときに、大変プラスになります。
実際に活動をすると、数の力の大きさを実感します。
社会の中でマイノリティの自閉症児・者たちが、少しでも暮らしやすくなるよう、この会で、力をあわせませんか?

ページトップへ