当事者・家族の方へ

お医者さんにかかるとき

自閉症の子供は、新しい場所が苦手なことが多いです。
また、ごく一般的な患者向けの説明だけでは、自分が、これから何をされるのかがうまくイメージできない自閉症の人にとって、病院での診察、治療は、大変な恐怖感と苦痛が伴うことでしょう。 
自閉症の子供たちがなるべくスムーズに、診察、治療をうけられるように、お役に立ちそうな情報や、各地の試みを集めてみました。

子どもを連れて行く病院の探し方は?

  • お住まいの地域の保健所に問い合わせてみる。
  • 地域の特別支援学校に、学校医さんを教えてもらう。
  • 地元の親の会の会員同士で情報交換をする。
  • 東京都医療機関案内サービス"ひまわり"を利用する。

病院に行くときに用意するもの

子供の特徴のことで、こういう声かけをしてほしいとか、こういうのを嫌がる という要望があるならば、それを記載したものをあらかじめ持参しておくと、問診表にすべて記載するよりスムーズです。
病院の待合室が、思いのほか混んでいることを想定した対策も立てておきましょう。
診療がおわっても、大泣き・パニックになって、機嫌がなかなか元に戻らないときは、冷たいものを、ちょっと口に含ませてやったり、冷やしたタオルをほてっているところにあててやると、ふっと落ち着くことがあります。

■医療関係者に配慮の仕方を知ってもらうための取り組み

■歯科受診をスムーズにするための理解、手順、絵カード

そのほか

ページトップへ