当事者・家族の方へ

障害者の防災

地震などの災害が起こったとき、発達障害者は、他の人と同じように、避難することが難しい場合があります。
それぞれのご家庭で、いざ災害があった時には、どう対処するか、 平時に話し合っておくことが必要です。
居住自治体で、災害時要援護者に対して、どのような対応を考えているかを知ることも大切です。それを受けて、発達障害者、発達障害者を家族に持つ者側から、自治体に要望していかなくてはいけないことは、まだ数多くあると思われます。
災害にあってしまった時のダメージを最小限にするために、地域の人たちと協力して、対策を作り上げておきたいですね。
以下に、障害者の防災のために、活動しておられる団体や、役立ちそうな情報をご紹介します。

ページトップへ