当協会について

目的

自閉症児者の健全な育ちと社会参加を保証するために、自閉症児者及びその家族への多角的な支援、自閉症に関する正しい知識の社会への普及啓発、支援者の養成、医療・教育・福祉体制の増進を図ることを活動の目的としています。

活動方針

以下の実現のために、定款に則り自主的な事業を行なうとともに、関係機関への働きかけならびに関係団体との連携・協働を行ないます。

①自閉症に対する社会の正しい理解、ならびに、自閉症児・者の尊厳が守られる共生社会の実現
②自閉症児・者とその家族の生活の質的向上、そのための諸サービスの強化

  • 日中活動の場の確保と拡充
  • 自立した地域生活のための個々のケースに応じた住まいの確保と拡充
    (入所施設、グループホーム、ケアホーム等)
  • 高齢自閉症者のための安心な住まいの確保と拡充
  • 高機能当事者の住まいに対する公的助成

③公的相談体制の強化。東京都発達障害支援センターを中心とした関係機関の効果的な支援ネットワークのいっそうの強化と各市区町村の相談体制整備
④自閉症の早期総合療育体制の充実
⑤適切な医療が受けられる体制整備
⑥特別支援教育のいっそうの充実。とくに、学校間格差や地域格差の是正
⑦就労など、自閉症者の社会参画と能力に応じた評価と報酬
⑧当事者自身による諸活動
⑨以上のための法などの制度整備

ページトップへ